2023年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.05.31 (Tue)

大衆割烹 安楽子 ~長崎の庶民派居酒屋でグビと一杯、怒涛の長崎ひとり酒なのだ~

5月27日のヨル飯1軒目はこちら、大衆割烹 安楽子。。。

安楽子

いやはや、まずは角打ちかはたまたまだ喰っていない餃子屋さんから始まるのかと、5月末で閉店されるという松乃家の行列を見ながら江戸町まで歩くのですが午後5時からの営業だったので、取って返し時間ピッタシに入店。。。

【More・・・】

店内に入ると右側にテーブル席、奥には座敷席があるのですがもちろんおひとり様なのでカウンターに腰を下ろし、お値段不明ながらまずは冷酒をオーダー。。。

メニューなどは置かれていないのですが、後ろのテーブル席の方に黒板や木札が掲げられているので。。。

安楽子 (2)

黒板を少しばかりアップで。。。

安楽子 (3)

まずは軽くネギヌタ250と生さば750をお願いするのですが、やはり(鯨)はそれなりのお値段のようで。。。

安楽子 (1)

店名を冠した『安楽子』の冷酒は、久留米市のお隣八女市の喜多屋なのですが、グビと呑めばすっきり辛口。。。

酒の肴を待つ間に店内奥の方をぱちり。。。

安楽子 (6)

お待ちどうさまで、まずはネギヌタ。。。

安楽子 (4)

いわゆる分葱の酢味噌和えなのかと思っていたのですが、以前小麦というところで喰った『グルグル』の分離型バージョンのような。。。

安楽子 (5)

ちょちょんと酢味噌をつけて喰えば、甘さ控えめな感じ。。。


続いてお持ち頂いたのが、こちらの生さば。。。

安楽子 (8)

いやはや、その切り口から〆サバをオーダーしたのかと思ったのですが、そのままバクと喰えばもちろん新鮮なさば刺し。。

しかしながら、やはり焼とり 北城のようなざっくり感が欲しいところなのでしょうか。。。

ぱりぽりとツマの大根まで喰い終え、追加ですり身揚げなのかとも考えたのですが、なにせ4時30分過ぎから呑み始めたのでここで出来上がってしまうと〆のちゃんぽんに辿り着けなくなるのでお勘定を。。。

〆て、1,850円でごちそうさまでした。。。

大衆割烹 安楽子
長崎県長崎市浜町7020
TEL  095-824-4970
営業時間 16:30~22:00
定休日  日曜日
駐車場  なし

関連記事

19:59  |  長崎グルメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2kurumejiin.blog.fc2.com/tb.php/1033-a477c512

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |