2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.07.21 (Thu)

うどん・そば かっぱ亭 ~やはり、ご当地かっぱのカレーうどんがおすすめだったのか~

7月15日の〆の一杯はこちら、うどん・そば かっぱ亭。。。

かっぱ亭

やはりお昼にラーメンをズルと喰っているので、ラーメン連荘はカラダのことも考慮し、おうどんならばいいのかという理由。。。

【More・・・】

外観をぱちりとしていると、警ら中のお巡りさん2人連れが来られ『こんばんは。』ということなので、ワタシも『こんばんは』とお応えし、しばらくして振り向くと同時にお巡りさんも振り向かれ、『待ち合わせですか?』ということなのですが、顔をプルプルと横に振るワタシ。。。

さて、店内に入るとテーブル席はあるモノのカウンターに腰を下ろしながら、上に掲げられたメニューをぱちり。。。

かっぱ亭 (2)

腰を下ろして、お隣の席を見るとメニューが置かれているのでこちらも。。。

かっぱ亭 (5)

筆頭のかっぱは、(肉・海老天・きつね・わかめ)と何の脈絡があるのか不明なのですがそのお値段1,000円なのであっさりとパス。。。

かっぱのカレーうどん800円にしようかとも思ったのですが、天邪鬼なワタシは久留米のごぼう天との差異について一考察を試みるのかということで、ごぼう天600円をオーダーすることに。。。

しばし待つ間に店内をぱちり。。。

かっぱ亭 (6)

さて、そうこうしているうちにお待ちどうさまで、こちらがオーダーのごぼう天うどん。。。

かっぱ亭 (7)

いやはや、ごぼう天は豊前裏打会にも似たモノなのですが、いちばんの特徴はそのどんぶりの形状と出汁の少なさなのでしょうか。。。

まずはおうどんを持ち上げよとすると、なかなかに掴みずらいのですがこんな感じ。。。

かっぱ亭 (8)

そのままズルと喰えば、おうどん自体はてろんてろんでも讃岐風の歯ごたえを感じるモノでもなく普通なのですが、刻み海苔の分量が多すぎて出汁の風味は遙か彼方へ。。。

かっぱ亭 (9)

しかもごぼう天は素揚げのようにして、薄い衣がぼろと剥がれ落ち大量の天かす状態。。。

なので、ズルずびズババと平らげるのですが、喰い終えた丼ぶりの状態は、まるでおじやのようなので、ここは自粛させて頂きます。。。

ごちそうさまでした。。。

うどん・そば かっぱ亭
鹿児島県薩摩川内市東向田町8-22
TEL  0996-20-3118
営業時間 19:00~翌2:00
定休日  日曜日
駐車場  なし

関連記事

19:59  |  鹿児島グルメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2kurumejiin.blog.fc2.com/tb.php/1065-71e7a5d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |