2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.04.26 (Wed)

チョロ松 ~創業昭和30年。今や国際色豊かに切り盛りする居酒屋さんなのだ~

4月16日の〆の一杯はこちら、チョロ松。。。

チョロ松

居酒屋 のん太で一杯グビと呑み、ちょうど頃合いもよくなったのですが、ラーメンばかりでズルと〆るというのもナンなので、たまには趣向を変えて。。。

【More・・・】

ちなみに外観は、最初に訪れた時に撮影したモノで。。。

さて、店内に入ると『煙草を吸われますか?』とお訊ねいただくのですが、『いいえ。』と応えると『奥から詰めてください。』とは、喫煙者を入り口側に置いても意味もないように思うのは、ワタシだけなのか。。。

さて、カウンターに腰を下ろし壁面のメニューを。。。

チョロ松 (1)

〆としてはずいぶんお高い1,300円のかも吸いなのですが、『お時間がかかりますけどいいですか?』ということなのですが、もちろんハイハイ。。。

『お待ちの間に飲みモノかなにか?』と片言の日本語でお気遣いいただくのですが、もちろんそのままそのまま。。。

しばし待つ間に、お飲みモノのメニューなどを。。。

チョロ松 (3)

や。。。

チョロ松 (8)

はたまた、店内奥の小上がりなども。。。

チョロ松 (4)

と、お隣のお客様が『Excuse me』と店員さんに話しかけられるとは、もちろん箸使いも様になっているので台湾なのかアジア系のご夫婦のようなのですが、なかなかに国際的な居酒屋さんのようで。。。

さて、お待ちどうさまで、こちらがオーダーのかも吸いで、一片の柚子皮も添えて。。。

チョロ松 (9)

鴨がネギを背負って来たのとおり、鴨にネギその他蒟蒻に牛蒡にお豆腐など具沢山なのですが、醤油味ではなく薄塩味で非常にあっさりしたモノなので、普段鴨鍋の後におそば、それも洋胡椒をたっぷり効かせるのが好きなワタシは少しばかり。。。

チョロ松 (10)

鴨肉も様々な部位が入れられているのですが、処理の仕方があれなのか少しばかり臭みを感じてしまうワタシのバカ舌なので、柚子胡椒なども薬味としてあればよかったのでしょうか。。。

チョロ松 (11)

まるで、がめ煮の鶏肉のような鴨肉は蓋の裏にどけさせて頂き、ここまで。。。

しかしながら、反射して見えづらい黒板のメニューなのですが、琉球(かんぱち)800円、地鳥たたき650円、ポテトサラダ550円などそこそこリーズナブルなので、別府のヨルも一巡したら再び訪れることになるのかもしれません。。。

ごちそうさまでした。。。

別府 カモ吸の店 チョロ松
大分県別府市北浜1-4
TEL  0977-21-1090
営業時間 17:00~23:30
定休日  月曜日
駐車場  なし

関連記事

19:59  |  大分グルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |