2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.23 (Sat)

焼鳥 ぶんご ~ネタケースには、こんなに下拵えして大丈夫なのかというくらいの焼鳥屋さんなのだ~

9月14日のヨル飯2軒目はこちら、焼鳥 ぶんご。。。

ぶんご

2軒目としては、地場のチェーン店でもよかったのですが、できれば地元で長く営業されていそうなお店でグビと呑むのがいいのかと。。。

【More・・・】

しかしながら、看板はこじゃれた感じながら、入口の引き戸はすりガラスなのでやはり躊躇するモノの、えいやっとなかへ入るとずらりと並ぶカウンターはもぬけの殻。。。

まっ、いっかと腰を下ろしとりあえずお値段不明ながら冷酒ととんそく350円をとりあえず。。。

その他、焼鳥をと壁面に掲げられているモノを眺めるのですが、お値段は90円からとお安いモノの焼鳥の種類はそんなに豊富でもなく。。。

追加で、地鶏に豚バラそれにホルモン各90円を2本づつお願いをすることに。。。

しかしながら、目の前のネタケースには4枚のガラスが嵌められているのですが、その中に準備されているモノは6種類で各50~60本ほども準備され、さらには向う側にむひとつあるとは、午後6時のこの時間帯は宵の口で、これからわんさかわんさかお客様が押し寄せられるのでしょうか。。。

まずは、チョッパヤに冷酒を頂くのですが、300mlではなく180mlなのか小さめのモノ。。。

これにキャベツの酢漬けを頂いて写真をと思ったのですが、とりあえず許可をとお訊ねすると、『NG』ということで。。。

ハイ、これでこれ以降の追加注文も同時にNG。。。

最初にホルモンのたれ焼きを頂くのですが、なかなかに肉厚なのであご力を必要とするのでしょうか。。。

続いて、地鶏に豚バラなのですが、多少塩分が効いていないのかとは思うモノのそのまま喰えば普通に美味しい焼き鳥なのですが、お値段以上であることは確か。。。

ここで、店内に流れるBGMは『あの素晴らしい愛をもう一度~』なのですが、これを一緒に口ずさまれる大将。。。

なかまで温めるのに時間を要したのかとんそくなのですが、茶褐色に煮込まれたそのあんよはとろんとろんに柔らかく普通に美味し一品。。。

しかしながら、コップ水なのかコップ酒なのかグビとしつつ、厨房内で煙草に火をつければ奥さんがスグサマ換気扇を回すのはまさに阿吽の呼吸。。。

さて、恐らく日本酒は400円としてお会計は〆て、消費税込1,400円でごちそうさまでした。。。

焼鳥 ぶんご
大分県大分市中央町2-6
TEL  097-536-4526
営業時間  17:00~23:00
定休日  日曜日
駐車場  なし

関連記事

18:59  |  大分グルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |