2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2020.01.26 (Sun)

お食事処 こくぶ ~見かけによらずなかなかの繁盛店で、グビと一杯呑んでみた~

1月12日のヨル飯はこちら、お食事処 こくぶ。。。

こくぶ

いやはや、やはり日曜日というのはニシタチの飲食店も定休日というのが多いのですが、こちらは日月連休の場合は月曜日が休みということなのでテクと歩き。。。

【More・・・】

さて、『こんばんは。』と店内に入ると右側厨房を望むカウンターに腰を下ろし、メニューがこちら。。。

こくぶ (2)

の。。。

こくぶ (1)

で、正面には。。。

こくぶ (6)

冷蔵庫に本日の一品料理ということでベタと張られているのですが、めひかり南蛮というモノを値段不明ながらお願いし呑みもんは焼酎20度の二合880円を。。。

しばし待つ間に、店内入口方向を。。。

こくぶ (7)

とその右側の小上がり。。。

こくぶ (4)

さらには振り返って、奥の座敷席などを。。。

こくぶ (5)

そうこうしているうちにまずは、焼酎2合を。。。

こくぶ (3)

しかしながら、お通しなど一切提供されないのでお湯割りだけグビグビと呑むわけにもいかず静かに待っていると後客が入って来られるのですが、生ビールとおでん数種の注文。。。

すると、モノの1分もせず生ビールとおでんがチョッパヤに提供されるので、ワタシのめひかり南蛮はどうなってるんだ?すでに仕込み済ではなく、まさか今から油で揚げて南蛮酢に浸そうとされているのかと。。。

さらに遅れること2~3分なので、焼酎だけなのですがもうそろそろ帰ってもよかろかと考え始めたその時、お持ち頂いたのがこちらのめひかり南蛮。。。

こくぶ (8)

まずは一匹箸でつまみバクと喰えば、黒酢も入っているのか少しばかり甘めな南蛮酢なのですが、なんとめひかりがほの温かく揚げたてを南蛮酢に漬けてあったみたいで、奇しくも想像通りの展開。。。

しかも一緒に添えてあるタマネギやニンジンなどとの調味液とは、別モノのような。。。

さて、提供に時間が掛かるのならば、もう一品先に注文を済ませておくのが賢明なのかとめひかり南蛮お到着と同時に宮崎地頭鶏手羽塩焼き(手羽元、手羽先 2本580円をお願いすることに。。。

ひかり南蛮をバクと喰い焼酎をグビと呑んでいると、それほど時間もかからずお持ち頂いたのがこちらの宮崎地頭鶏手羽塩焼き。。。

こくぶ (9)

まずは手羽元を火傷しないようにがぶと喰えばも少し塩を振って頂いたほうがいいモノの普通に美味しいのですが、宮崎地頭鶏というモノは肉質が柔らかいのでしょうか。。。

どちらかといえば、自宅で喰うみつせ鶏の手羽元の塩焼きのほうが旨いように感じるワタシのバカ舌。。。

さて、先客がオーダーされていたおでんが美味そうだったので、ワタシも注文させて頂くのですが全品120円と低価格なので、だいこんとなんこつそれにすじをお願いし、それがこちら。。。

こくぶ (10)

いやいや、大根やすじは120円ということは納得なのかと思うモノの、なんこつはとても120円ではないくらいの2つ重ねで美味いは旨いがも少しとろんと煮込まれればゼラチン質のところも柔らかくなり最高なのでしょうか。。。

しかしながら、振り返って撮影した座敷席は予約で一杯、空いていたカウンター席も事前の予約の電話を入れられ来店されるとは、こちらのお店はなかなかの人気店なのかもしれません。。。

本日は、3白4日ひとり旅の中日ということで〆の一杯は自粛し、お会計をお願いすれば2,370円でごちそうさまでした。。。

お食事処 こくぶ
宮崎県宮崎市清水3-1-6
TEL  0985-26-1037
営業時間 不明
定休日 日曜日
駐車場 なし

関連記事

19:00  |  宮崎グルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |