2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.11.16 (Fri)

瀬音・湯音の宿 浮羽 ~源泉掛け流しのお湯は、加水だけなのでサイコーなのだ~

今回のふたり旅のお宿はこちら、瀬音・湯音の宿 浮羽。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽

いやはや、ホントは以前宿泊しアップした御船山観光ホテル ~いやはや大変お世話になりました~が、この時期紅葉がライトアップされているので予約までしていたのですが、19日から業務出張のため泣く泣くキャンセル。。。

【More・・・】

さて、チェックインの後荷物もお持ち頂かない仲居さんの案内でお部屋まで。。。

いやいや御年70過ぎと思われるのでお持ちいただく必要もなく、道すがら会話もなく気まずいのでキーだけ渡していただいてもいいのですが。。。

中へ入ればこんな感じの8畳のお部屋。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (3)

床の間には季節の花一輪ほどもあればいいとは思うのですが、お安いプランなので。。。

しかしながら、廊下のところにはこんな表示。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (4)

私達のお部屋は4Fなので、『貸切内風呂』とはどんなお風呂なのかとワクワクなのですが、これがこちらとは。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (5)

いやはや、フツーにユニットバスとはあえて表示するほどのこともないのではと思うのは、私だけではないはず。。。

まずはひとっ風呂なのですが、こちらのお宿男女入れ替えが午後9時とは中途半端な時間帯で、酔客ならば間違えて入ってしまわないのかと心配。。。

こちらはホテル名は浮羽とあるものの天ケ瀬温泉なので、加水されているとはいえお湯の温度は熱め。。。

なので、ぬる湯が好きな方は吐湯口から離れたところでなければ厳しいのかもしれませんが、私はオーケーなので混雑時にも熱い五右衛門風呂にザブン。。。

さて、しばし休憩の後はお待ちかねの夕食なのですが、個室風に仕切られたお部屋でこんな感じ。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (8)

掘り炬燵なのはありがたく、最初のセッティングはこんな。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (9)

しかしながら、品書きがないので何がどうと言えない私。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (10) 瀬音・湯音の宿 浮羽 (11)

こちらのお飲み物と一品料理のメニューはしっかりとあるので、嫁さんにはビールのキリンで生ではなく中ビンで735円という価格に少しばかりビビりつつ、(地酒:地焼酎・冷酒あります)の文字に冷酒をオーダー。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (12)

まだ酔ってもいないのにブレブレなのは、照明が若干暗いためピントが合わず。。。

嫁さんは刺身から、鰆の焼霜造りを絶賛するのは私も同意なのですが、その他はマグロにサーモンとゴクフツー。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (13)

鍋は豚肉の味噌仕立てなのですが、お味噌のインパクトが弱いので唐辛子ベースのピリ辛にするといいのかもしれません。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (14)

こちらの蓋物は煮物だと思ったのですが、何故に蟹爪は酸味を感じるのか不思議。。。

しかしながら中でも秀逸だったのが、牛肉の網焼きでいいところを少しばかりというところがなかなかにGood。。。

非常に柔らかいお肉で美味しく頂きましたとさ。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (15)

お肉を頂いた後は、何故かぼよよんとしたヤマメなのでしょうか。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (19)

焼上がりはこんな感じで美味しそうには見えるものの水っぽいとは、さては。。。

食し始めて30分ほどで、違う仲居さんが来られこのあとはご飯になりますということで、お鍋の火をチャッカマンでカチッ。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (16)

茶碗蒸しと牛すじスープ。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (17)

ご飯、吸物、香の物。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (18)

オマケに出さなきゃいいんじゃないと思うデザートをポイで、本日のお料理全て終了~~。。。

いやはや、お肉の印象がよかったのに食事開始後30~40分でこれでは、尻すぼみの感じは否めないのかもしれません。。。

なので、カップインゼリーを『傾けてもコボレな~い。』などと遊んでしまう私。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (21)

しかしながら、お腹一杯でお部屋へ戻ってグースカピ。。。

明けて翌朝は朝風呂なのですが、渡り廊下をトコトコと歩いていると後ろから物凄い勢いで足音がドドドッ。。。

マジで刺されるのかと身構えながら振り向くと、仲居さんが『おはようございます。』とは、廊下は走っちゃだめでしょ。。。

そんなこんなで朝食は夕食と同じ仕切られた個室で、こんな感じ。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (22)

夕食と同じようにパチリとするとこんな内容。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽 (2)

生玉子は嫁さんが喰うはずもなく私が2個ともなのですが、ランチも含めて3個になろうとはこの時点で予想だにできず。。。

しかしながら、コーヒーはともかくデザートのフルーツくらいはあったほうが嬉しいのかもしれません。。。

この日もギリギリ10時前10分にチェックアウトなのですが、冷酒のお値段1,575円とはなかなかのお値段ですな。。。

お世話になりました。。。

瀬音・湯音の宿 浮羽icon
関連記事

23:59  |  大分お宿  |  コメント(2)

Comment

お酒類は高すぎですよね(汗)

そういえば、宿泊代には、書いてありませんので、
落とし穴的な感じが…(汗汗)

旅館の川魚が、水っぽいというのは…(大汗)
これは、私の好物なんですが…。
びび |  2012.11.17(土) 09:05 | URL |  【編集】

びびさんへ。。。

まぁ、冷酒はできれば1,000円以内というのが理想のような気がします。。。 v-388

お魚は時期が時期なので、アレなのかもしれません。。。v-356
くるめじ~ん |  2012.11.18(日) 09:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |