2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.03.02 (Sat)

うなぎの近江屋 ~創業120年、秘伝のタレは濃厚にして甘くないのだ~

2月18日のランチはこちら、うなぎの近江屋。。。

近江屋

いやはや、昨年の2月に黒豚屋で、わしゃ~とメンチカツをワタシだけ喰った際に気になっていた鰻屋さんへ、本日ようやくという理由。。。

【More・・・】

まずは、いびつな形の駐車場にどう停めていいのやら思い悩みながらも2代目レガシィを置いて、年代物の扉をガラリで、コンニチハ。。。

近江屋 (2)

なかなかに渋い店内で、開いている障子のお部屋を通って角部屋のお部屋へ。。。

近江屋 (3)

そぼ降る雨のなかだったので、ストーブの温もりにホッ。。。

で、メニューがこちら。。。

近江屋 (7) 近江屋 (8)

近江屋 (9) 近江屋 (10)

近江屋 (11)

嫁さんはうなぎ丼1,500円に即決なのですが、ワタシはしばし。。。

同じうなぎ丼ではオモシロクもなく、かといって特上うなぎ丼2,000円でもまた然りなので、もっとゴロンと鰻が乗っているうな重2,800円或いは小鉢なども付いているうなぎ定食2,700円にう~んと悩む優柔不断なワタシ。。。

しかしながら、うなぎ屋さんに来てサラダなどで栄養バランスを考えなくてもいいので、うな重2,800円をエイヤッ。。。

しばし待つ間にテーブル上をパチリ。。。

近江屋 (4)

まぁ、使用させていただくのはS&Bの山椒のみ。。。

ワタシのお席から外の風景はこんな感じで。。。

近江屋 (5)

なんという川なのか存じ上げないのですが、夏ともなれば窓を開け放ち鰻の骨をボリと噛み砕きながら、ビールをグビと飲みつつ、団扇で風を送りながら鰻を待つというのもいいのかもしれません。。。

さて、しばし時間を要してお持ち頂いたのが、嫁さんオーダーのうなぎ丼。。。

近江屋 (12)

モチロン蓋を取ってパチリの、うなぎは3切れ。。。

こちらが、私オーダーのうな重。。。

近江屋 (14)

こちらもまた、蓋を取ってパチリなのですが肝吸やデザートは変わりないモノのうなぎは1匹を使用されているのでしょうか。。。

近江屋 (15)

とりあえず、うなぎのみをアップでパチリなのですがピンボケ。。。

近江屋 (16)

うなぎを持ちあげてみればこんな感じで驚くばかりの肉厚、肉厚。。。

そのままガブと喰いつけば、恐らく蒸しの工程がされていないのかされていたとしても短時間なのでしょうから、噛み応えのある皮と身で、ワタシには美味しい。。。

ちっちゃいうなぎを1切れ嫁さんに献上し、バクバクと喰っていくのですがキラと輝く秘伝のタレが甘くなく、お醤油の風味が強いような気がします。。。

ワタシのうな重は、肉厚の鰻で量も結構あり、ご飯の量も嫁さんともどもソコソコあるのでギブアップ寸前。。。

できれば、蒲焼き半分塩焼き半分のハーフで提供していただくと、もっともっとうれしいのかもしれません。。。

いやはや、ようやく完食の態でごちそうさまでした。。。

うなぎの近江屋
熊本県阿蘇郡小国町宮原1584
TEL 0967-46-2025
営業時間 10:00~20:00
定休日  火曜日
駐車場  あり

関連記事

23:59  |  熊本グルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |