2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.07.23 (Tue)

旅籠 しび荘 ~紫尾山の麓から湧き出る神の湯に浸かってしばし寛いだ~

ようやく7月13日のお宿はこちら、旅籠 しび荘。。。

旅籠しび荘

いやはや、3泊4日の旅ともなれば2食付というのは、経費節減上こちらのみで。。。

【More・・・】

さて、こちらのお宿は前面道路から見ればこんな感じ。。。

旅籠しび荘 (3)

看板のあるところから奥を覗くのですが、駐車場があるのか不明なのでその先の駐車場に停めて歩くのですが、お宿の前まで来ると右手の坂を下りたところに駐車場があるので再び。。。

チェックインのあとご案内頂いたお部屋が、こちらの8畳和室。。。

旅籠しび荘 (5)

で。。。

旅籠しび荘 (4)

お布団はすでに敷いてありますです、ハイ。。。

バスなしトイレなしだったのですが、じゃらんの標準的な部屋設備というのに記載がなかった空の冷蔵庫はあったのでラッキー。。。

旅籠しび荘 (7)

まずはひとっ風呂ということで、こちらの露天は入口の掛け札を裏返せば貸切OKなのですが、ボディシャンプー等はないので浸かるだけ。。。

大浴場の浴槽は、温めと沸かしなのか熱めのお風呂で、お湯はエメラルドグリーンのヌルッとした肌触り。。。

旅籠しび荘 (6)

お部屋に戻る階段のところへ飾られているサイン色紙はこんな感じで。。。

しばし寛いだらお待ちかねの夕食は、食事処で最初のセッティングはこんな感じ。。。

旅籠しび荘 (9)

こんな山間のお宿でも交通の便が発達しているので、お刺身は当然なのでしょうが、変わったところが左下の黄色い小鉢はニンニクの芽とミミガーなのでしょうか。。。

旅籠しび荘 (16)

鉄鍋に並べられているのは、牛肉と豚肉の相盛。。。

旅籠しび荘 (10)

飲みモノは、お値段もわからず冷酒をオーダーするのですが、グラスが大きいのではなく日本酒の容量が180mlなだけ。。。

続いてお持ち頂いたお料理は、こちら。。。

旅籠しび荘 (14)

鹿刺しは、少しばかり凍ったルイベで。。。

旅籠しび荘 (13)

こちらの鉄鍋は、イノシシの炊き合わせなのでしょうか。。。

旅籠しび荘 (12)

鮎の塩焼き。。。

旅籠しび荘 (15)

グラタン。。。

旅籠しび荘 (17)

ようやく〆は蛤のお吸い物。。。

旅籠しび荘 (19)

ご飯とお漬物を頂いてパチリなのですが、お腹一杯で残すのも勿体なくご飯を半分と申し出ると『残してもいいですから。』とは戻る手間を省かれたのでしょうか。。。

旅籠しび荘 (18)

デザートはこちらの干し柿なのですが、第2弾のグラタンなどとともにお持ちいただいていたのですが、解凍具合もちょうどにまさに食べ頃で。。。

なかなかに山間の食材を工夫された品々でお腹一杯で、グースカピ。。。

一夜明けて朝風呂のあとは昨夜と同じく食事処で、セッティングはこんな感じ。。。

旅籠しび荘 (20)

右横に固形燃料のお鍋があるので、セルフでハムエッグでも作るのかと蓋を開けてみると。。。

旅籠しび荘 (21)

お豆腐のまさに出来上がり状態。。。

旅籠しび荘 (2)

薬味などとともにお醤油で頂くのですが、風味豊かなお豆腐でGoodなのですがただひとつ、茶碗蒸し用のスプーンではこぼしてしまいそうで、他に適当なモノがなくここは一考されたほうがよろしいのでしょうか。。。

しかしながら、予想外に食事も温泉もよく大変お世話になりました。。。

旅籠 しび荘icon
関連記事

23:59  |  鹿児島お宿  |  コメント(2)

Comment

何だか凄い量ですねぇ〜。

いつものお宿とは…(笑)
ただトイレは、欲しいですねぇ〜ウォシュレット付
お尻の関係もありますからねぇ〜(大汗)
びび |  2013.07.24(水) 08:12 | URL |  【編集】

びびさんへ。。。

山深き所に抱かれたお宿もたまにはいいのかと。。。v-411

さすがに牛肉と豚肉の相盛は、いささかヘビィ過ぎるような気がしますです、ハイ。。。v-390
くるめじ~ん |  2013.07.24(水) 21:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |