2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.10.01 (Tue)

御食事処つぼきん 西都岡富店 ~おいしいちゃんぽんみ~つけた!!なのか~

9月22日のヒル飯はこちら、御食事処つぼきん 西都岡富店。。。

つぼきん

最初は、贅沢にもひとり鰻と決め込み順番待ちをお願いしていたのですが、鰻にあり付けるのが軽く12時過ぎになるということなので、次回予約をお願いして嫁さんと一緒にということで。。。

【More・・・】

その鰻屋さんがこちら、入船。。。

入船

都農神社へ参拝し御朱印帳を購入してから向かったのですが、午前11時20分に到着し順番待ちの受付は34番目。。。

並んでないじゃんとお思いでしょうが、順番待ちの待合室がこちらの右側にあるのですが、中のベンチに座りきれないくらいに一杯。。。

入船 (2)

なので、9月21日の昨日に仕入れられた本日の鰻の産地などをパチリとして待つのですが、待合室からは誰も呼ばれることなく20分が経過。。。

本日は神社参拝の予定なので、時間が勿体ないので予約ができる日に嫁さんと再訪するということでキチンとキャンセルして、2番目候補店へイザッ。。。

それがこちらの『御食事処つぼきん 西都岡富店』なのですが、その店名がまさにつぼにハマっているのでしょうか。。。

店内へ入ると、本日のサービスメニューがこちら。。。

つぼきん (3)

海老フライ1,260円が1,000円ということで、フムフム。。。

『空いているお席へどうぞ。』ということなのですが、テーブルに灰皿が置いてあるのを素早く見つけたワタシは座るべきお席を探し、テーブルにタバコを置かれていないテーブルの傍に。。。

メニューはこちら。。。

つぼきん (4) つぼきん (5)

と。。。

つぼきん (6)

つぼきん (7)

店名を冠した『つぼきんランチ』はその内容の充実さからなのか1,380円とお高め。。。

サイコロステーキやハンバーグなども宮崎牛とあればお安いのでしょうが、サービスメニューにあったのは加工肉なのでパス。。。

かと言って丼物もなぁと思っていると、メニューに書いてあるのがこちら。。。

つぼきん (8)

そういえば店内を見回すと、ちゃんぽんは3~4割程度オーダーされているようなので、ワタシも『すいません。』と、すっと真っ直ぐ手を上げて『あの~、ちゃんぽんをください。』とオーダーさせていただきます。。。

しばし待つ間に、テーブル上をパチリ。。。

つぼきん (9)

まぁ、使用するモノはなし。。。

お待ちどうさまで、こちらがオーダーのちゃんぽん750円。。。

つぼきん (10)

いつものように、横からパチリと思うのですが、そんなことをするとアチラ側のお客様が写り込んでしまうので自粛。。。

しかしながら、なかなかに具沢山でんなぁ。。。

麺を持ちあげてみればこんな感じ。。。

つぼきん (11)

これが、ちゃんぽん麺なのかと問われればさにあらず、かと言ってラーメンの麺かと聞かれれば、中太麺でこれも否。。。

最初のほうこそザクとした歯触りなのですが、段々とスープの熱でヤワ麺に変化するところが、不思議にまた美味しい。。。

グリーンピースやコーンがあるので冷凍ミックスベジタブルなのかと思ったのですが、人参はきちんとした手切りながら旬はとうの昔に過ぎ去っていますな。。。

一風変わったところが、具材のなかの豚肉が豚コマではなく、生姜焼用の豚肉になるのかと思うくらいの肉厚。。。
芯が多めなキャベツを残しつつ、ごちそうさまでした。。。

御食事処つぼきん 西都岡富店
宮崎県西都市岡富816
TEL  0983-43-4525
営業時間 11:00~14:30
     17:00~21:00
定休日  火曜日
駐車場  あり

関連記事

23:59  |  宮崎グルメ  |  コメント(2)

Comment

750円は微妙ですが…

具材で大きく違いますからねぇ〜。
家のお袋、芯が多いキャベツは、絶対に残しますね。
ぶつぶつ言いながら…(大汗)
びび |  2013.10.02(水) 08:18 | URL |  【編集】

びびさんへ。。。

まぁ、お値段的には680円くらいがベストなのでしょうが、生姜焼用のお肉がゴロと入っておりますので。。。v-411

芯は、バリゴリと喰うわけにもいかないのでワタシも。。。v-388
くるめじ~ん |  2013.10.02(水) 19:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |