2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.12.25 (Wed)

博多とんこつ 一確佐々店 ~威勢が良くて、小走りに走る店員さんが小気味いいのだ~

12月7日のヒル飯2軒目はこちら、博多とんこつ 一確佐々店。。。

一鶴

いやはや、今回のひとり旅では初の豚骨ラーメンなのですが、博多とあるのでどうなのか。。。

【More・・・】

がらりとサッシの扉を開けて店内に入ると威勢のいい挨拶に迎えられ、カウンター席へ座りメニューは壁面のこちら。。。

一鶴 (1)

もちろんオーダーはラーメン550円なのですが、本日のヒル飯合計ちょうど1,000円。。。

メニューの下には『当店では麺の硬さを承っています』と粉落としからずんだれまであるのですが、ワタシのオーダーはカタで。。。

しかしながら、後から来られたお客様も慣れた口調でカタをオーダーされているのですが、佐世保で聞いたのは初めてのような気もします。。。

も一つ、黄色い張り紙に『ピリッと辛い赤ラーメン 一度食べたらクセになる味!!』とあるのですが、一蘭と同じく赤い秘伝のたれなのか無料でできるようにどこかに書いてあったのですが、まずは基本から。。。

しばし待つ間にカウンター上をパチリ。。。

一鶴 (2)

と言っても、何も変わったものはなくごくフツー。。。

お待ちどうさまで、こちらがオーダーのラーメン。。。

一鶴 (3)

なかなかに整えられた感じに仕上げられたラーメンですなぁ。。。

麺を持ち上げればこんな感じ。。。

一鶴 (4)

なるほど、この麺の細さであれば粉落としも可なのかと思うのですが、アルデンテに近い茹で加減が好きなワタシはカタが限度なのは間違いのないところ。。。

そのままズルと喰えば、ぼわぁんと感じるのはスープの甘さとはなぜなのかと思うのですが、ワタシにとっては麺がイマイチ旨くないのか、はたまた相性が悪いのか。。。

喰いながら店内を見回していると無料の高菜が置いてあるので、お行儀が悪いながらも少しばかり頂きにトコトコ。。。

一鶴 (6)

辛し高菜であればスープに投入するのですが、辛くないのでそのままそのまま。。。

しかしながら変わったところがチャーシューで、撮影しやすいように集めればこんな感じ。。。

一鶴 (5)

恐らくチャーハンにも使用されるのでしょうが、煮豚になるのでしょうか。。。

一鶴 (7)

お久しぶりこの豚骨ラーメンなので、2軒目にしてここまで。。。

ごちそうさまでした。。。

博多とんこつ 一確佐々店
長崎県北松浦郡佐々町沖田免163
TEL  0956-62-3550
営業時間 11:00~20:00
定休日  月曜日
駐車場  あり

関連記事

23:59  |  長崎グルメ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |