2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.12.29 (Tue)

炭火もも焼き酒場 もも鐡 ~もはや、観光客が訪れる定番のお店になったのか~

ヨル飯2軒目はこちら、炭火もも焼き酒場 もも鐡。。。

もも鐡

残る1軒の丸万という手もあったのですが、お客様がどなたもいらっしゃらなかったので。。。

【More・・・】

しかしながら、こちらのお店もがらりと開ければワタシが最初のお客のようで。。。

まずは、出して頂いた本日のお薦めメニューがこちら。。。

もも鐡 (5)

しかしながら、店先できっちりセットメニューがあることをチェックしていたワタシなので、『店先にセットか何かあったようなのですが。』と催促して出して頂いたのがこちら。。。

もも鐡 (1) もも鐡 (2)

と、通常メニュー。。。

もも鐡 (13)
もも鐡 (14)

『おつまみセット!!980円』と『お一人様コース2,000円』なのですが、明日はチキン南蛮を予定していることもありここはお安いほうのおつまみセットを。。。

もも鐡 (4)

お飲みモノは、冷酒をお願いするも1合で700円と800円のモノということなので、ならば糖分も控えるために日向木挽20度の芋を一合なのですが、540円となかなかにお高め。。。

しかしながら薄めの焼酎でいいワタシは、1合で2杯半程度呑めますです、ハイ。。。

もも鐡 (6)

自分でお湯割りを作製しグビと呑めば、最初にお持ち頂いたのがお通しでタンシチューということなのですが、きっちりメニューにお通し代324円と明示されているモノ。。。

もも鐡 (7)

タンと呼べるもか不明なのですが、同じくらいの分量のお野菜とともにで、特筆すべきものはなくお味は普通。。。

次にえらべるおつまみで選択した冷しトマト。。。

もも鐡 (8)

お味のほうは、トマトはもちろんトマト。。。

しばし待つ間にカウンターにデジカメを置いて入口方向をぱちり。。。

もも鐡 (9)

続けざまに、お持ち頂いたのがおつまみセットのメインを飾る宮崎鶏のたたき。。。

もも鐡 (10)

で、いっぱしのブロガー気取りでアップでも。。。

もも鐡 (11)

そのままたれに浸けてバクと喰えば、○○鶏と銘打っているわけでもなく、鶏のたたきはやはり鶏のたたきでお味はこれまた普通。。。

と、ここからトーキングタイム。。。

いやいや、『どちらからですか?』、『ご旅行ですか?』、『明日はどちらへ行かれますか?』などなどの質問攻勢。。。

スタッフとしては心配り気配りなのかもしれないのですが、ゆっくり酒を嗜み寛いでいるのでワタシとしては勘弁して欲しいところ。。。

なので、追加オーダーのためにメニューを手に取り、鶏炭火もも焼き歯ごたえタイプ1,274円(180g)を。。。

もも鐡 (15)

『安心してください!一本ですよ。』と言わんばかりに骨付きで。。。

もも鐡 (16)

辛口の柚子胡椒というのを少々つけてバクと喰えば、これはなかなかの歯ごたえ。。。

しかしながら、ひとつひとつのカットが大きいのでなかなかに喰いずらいのですが、ここで遅れて出勤されてきた新たなスタッフの登場で、再びトーキングタイム突入で、聞かれる内容はマニュアルなのか全く同じ。。。

いやはや、歯ごたえ噛み応えのある炭火もも焼きを喰いながら、横に立って話しかけられているので無視するわけにもいかず、答えないといけない状況に陥るワタシ。。。

肝心のお味のほうはといえば、これまたミタビ普通なのd巣が、歯ごたえタイプなのはいいのですが、やはりある程度咀嚼し嚥下できるくらいのサイズにカットされた方がいいのかもしれませんよ、っと。。。

鶏炭火もも焼き歯ごたえタイプと一緒に再び日向木挽を追加したので、お会計は〆て3,440円也。。。

しかしながら、おつまみせっと!の小鉢って出して頂いていたのでしょうか。。。

ごちそうさまでした。。。

炭火もも焼き酒場 もも鐡
宮崎県宮崎市中央通3-21 酒井ビル1F
TEL  0985-29-0114
営業時間 17:00~翌1:00
定休日  火曜日
駐車場  なし

関連記事

19:59  |  宮崎グルメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2kurumejiin.blog.fc2.com/tb.php/951-fcf66dfa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |